2013年03月13日

戦争の記憶を更新する戦争

 日置貴之君は、ご本人と話すと大変快活、かつ茶目っ気があり、切れのいい話っぷりの人なのだが、論文となると、非常に慎重な物言いで、方法もオーソドックス。著者を知ってから論文を読むと、堅実なのだが何か食い足りないところがあったのが正直なところだった。

 しかし、今回「国語国文」2月号に載った論文「「会津産明治組重」考―其水の日清戦争劇にみる黙阿弥の影響―」は出色だ。数ある日清戦争の戦勝を当て込んだ歌舞伎の中で、表題作の過半が会津戦争を描くのは何故かを切れ味鋭く解き明かしている。

 まずは、新聞に目配りしながら、清国人の帰国や観音崎へのスパイ出没、はたまた軍夫の活躍など、本作が当代のニュースをうまく取り込んでいることを明らかにする。

 次に、黙阿弥の過去と現在を対比しつつ「戦後」を描く手法に学んで、逆賊の汚名を着せられた会津が、日清戦争に参加することで屈辱を晴らす物語を、其水が仕組んだことを明らかにした点が手柄である。新聞にも会津の復権運動があったことを紹介することで前段の内容と有機的に連関する。

 さらに感心したのは、そういう戊辰「戦後」はもはや観客の現実意識とは対応しなくなっていた事実を鋭く指摘する点である。黙阿弥的「戦後」意識が、初の対外的近代戦争によって通じなくなってしまったことが、本作への当時の低い評価に決定的だったというのである。

 従来の歌舞伎研究では、歌舞伎が古典化して近代の風俗から乖離したことに、不評の原因を求めてきた。しかし、日置君の結論は極めて政治心理学的な視点から、作品の中の戦後意識と観客の戦中意識のズレを指摘する。ここが面白い。これまで慎重に黙阿弥の上野戦争劇を論じてきたこれまでの論考の厚みが、この最後の結論の「飛躍」を支えているから尚更だ。一皮剥けた感がある。

 感想を一つ。子規は日清戦争に従軍する際、旧松山藩拝領の刀を以って記念写真を撮った。会津ほどではないが、松山も土佐に占領された「戦後」を体験している。こういう観客なら其水の芝居も共感を寄せたのではないか?あるいはそういうことが其水の意図ではなかったのか。是非本人からお話を聞いてみたいところである。

 ともあれ、「戦後」意識というキー・ワードを得た筆者には、戦争に取材した演劇へのより一層の取り組みを期待したくなってきたのだった。
posted by 雑食系 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

飯倉洋一「上田秋成 絆としての文芸」

 すっかり更新をさぼっていた。年末から執筆ラッシュと雑誌のプロデュースの仕事が集中してしまったことが一番大きい。また、じっくり読まないと、とても上っ面だけを論じるだけでは済まされない本が幾つか出たこともある。今日ようやく一日をこの本だけに費やして精読した。

 上田秋成は、小説の名作「雨月物語」の作者として脚光を浴び、その特異な生い立ちと難しい性格に焦点を当てて紹介されることが多い。それは秋成の文業といえばまず「雨月物語」が評価されているからだが、それは近代のものさしから見た秋成とその文学への評価に過ぎず、文人・歌人・学者として、多様な才能と交流をした結果生まれた彼の大半の文業を捨てしまうことになる。

 飯倉さんの問題意識はここに集約され、できるだけ秋成の文業の現場とそこ痕跡を丁寧に拾いながら紹介し、「雨月物語」や「春雨物語」についても踏み込んだ解釈をされている。才能のある人間とはどういう人間か。それは、その才能の輝きが同時代の才能や理解者をも引きつける存在のことを言うと、私は思う。そういう意味で本書は、秋成の才能の輝きを発掘する重要な仕事だと思う。秋成についての本は多いが、こういう切り口はありそうで、なかったのである。

 飯倉さんの方法は着実で、交流を示すモノと文章の解説に多くを費やされている。そこからは、秋成のどういう才能の輝きが人々を引きつけたのかがもっと突っ込んで考えられるべきだろう。もちろんそのための重要な視角も提出されている。「和歌」である。和歌こそは、歌会、筆写、奉納という「絆」の論理を核とした文芸である。秋成の歌がどうしてそこまで耀きを放ったのか。これは我々に残された課題なのだと、改めて実感できた。「春雨物語」各編も、かなり歌の問題から切り込む視角がまだまだあるのだ、というのが、校注や研究会を通しての実感なのである。

 最後に置かれた「菊花の約」論は出色である。尼子経久正直説がどこまで拡がっていたかは留保したいが、左門の逐電と経久の不追及というこの作品に残された謎については、飯倉さんの解釈の方向でいいのだと思った。太宰治の「走れ!メロス」の悪王の回心の結末を思い出した。

 「春雨」に関する「いつはり」論は今後の大きな課題だろう。印象だが、和歌も俳諧も、芸術上の「真」と「上手に嘘をつく」という二律背反は、重要な問題だ。大の秋成ファンだった佐藤春夫は、「いつはり」を問題視する「菊花の約」や「海賊」を愛した。秋成自身に「誠」と「いつはり」の背反が切実な問題だったとしたら、これは「春雨」だけに限らない秋成の文学を考える重要なモチーフなのかも知れない。秋成が生涯「いつはり」を伴う「文」にかかわりながら、真面目に「いつはり」の罪を意識する心性を持っていたとしたら。。。こんな今後の秋成論のヒントをいっぱい孕んでいる本書は、しかし一般向けにも読めるよう工夫が凝らされている、信頼できるナビゲーターでもあるのだ。
posted by 雑食系 at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

太平記評判をめぐる二著の評

 太平記秘伝理尽鈔という、太平記の注釈書は、私の若い頃全く顧みられていなかった。唯一中村幸彦先生が、その釈・伝・評・通考といった太平記読みのスタイルとその実録などへの影響が指摘されていただけだった。その後加美宏氏によって基礎的研究がなされてはいたが、この書物の価値に光を当てるところまでは未だしの感があった。

 雨月研究が一段落つきつつあった1999年ごろ、ちょうど若尾政希氏「「太平記読み」の時代」が出て眼を見はった。近世軍書という膨大な量の資料群に手を付け始めていた私にとっては忘れえないタイミングでもあった。江戸の秩序を支えたのは通説のように朱子学ではない。大名から民衆まで広範に読まれた理尽鈔とその派生書が、戦人から為政者へと武士の役割が変貌する時代の共通テキストとして、時代の政治通念を形作った様を鮮やかに説いてみせたのである。

 それから十年余り。今月初め本書は平凡社ライブラリーに入って復刊。文字通り名著化したのである。昨年刊行した「江戸の文学史と思想史」の「史学・軍学」のパートは、端的に言って若尾史観の文学研究版と言ってよい。直接拙著をお送りしたおかげで、若尾氏自身からライブラリー版を頂いた。復刊にあたって解説は「江戸の文学史と思想史」のパートナーの一人川平敏文さんだ。本著のもたらす知的興奮を余すところなく語って素晴らしい。面白いのは、川平さんの本書への注文で、理尽鈔そのもの思想の形成過程、つまりこの思想は江戸の伝播者によるものなのか、戦国期にその準備段階があったのかという問題である。これは理尽鈔そのものに留まらない、江戸の武家思想成立の重要な論点でもあるのだ。

 そんなことを考えていると、今度は佐伯真一さんから「日本文学」11月号が送られてきた。今井正之助さんの「「太平記秘伝理尽鈔」研究」への書評が載っている。今井氏稿は、この書物の成立と流通をめぐる基本的な問題を徹底して解明した労作である。佐伯さんは言う。本書は確かに地味な研究書ではあるが、そこに一貫する問題は、「武の精神史」「兵学の文化史」と言ってよい広範にして魅力的なものが流れているのだ、と。孫子等の受容、武威と仁君の葛藤等、若尾氏稿と共振する問題に光が当てられている。

 佐伯さんは、軍記物語の衰退と、武士自身の視点による軍記の発生との関係こそ、解明すべき重要課題であり、そこに光があたってこそ、日本人の「合戦」「武士」ひいては「軍記物語」の全円的解明があるという。全く同感である。川平さんが提起した問題を専家の言葉で語ればこうなろう。お前もちゃんとそういう問題に向き合えと、叱咤されているようなマゾヒスティックな快感を期せずして、短時日に体験した。縁というものは天命を感じさせる時があるものだ。
posted by 雑食系 at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。