2011年01月31日

吉村昭「桜田門外ノ変」

 昨年秋映画化されたので、書店で平積みされていた。その頃、かなりこちらは精神的に溜まるものがあったので、手にとった。

 普通は逆だろう。気晴らしには、幕末のテロとテロリストの物語など最も向かない。ところが、変な性分で、気晴らしに自分よりもっと鬱屈し、結果暴力を爆発させた人間の心理を追うことの方が、気晴らしになるのだ。

 自分の中にもある「毒」を、小説の中で磨いて、振り回し、相手を切ってみる、そんな「快感」である。自分でも、本当にヤバイ性分だと思う。もちろん、そういう時期にはできるだけ人に会わないようにしているのだが。。。

 物語は、テロの実行犯ながら、見届け役で、最後まで逃亡生活を続け、手記をつづった関鉄之介の「眼」を通して冷静に描かれている。この設定が効いている。歴史は当人の意図を超えて動き、事件の意味も変質してゆく。その歴史の逆説性がよく出ている。

 解説は昨日取り上げた野口武彦だが、彼もその点を評価していた。水戸は幕末、藩を挙げて「正義」を教育した。その「正義」が、幕府内の分裂を決定的にし、彼らの意図とは逆に、討幕と開国の流れをつくってゆく。

 やっぱり、テロ的暴発は、暴発した当人の意図を超えた事件となってゆくのだ。「正義」は所詮、相対的なもので、サンデル先生のように「話をしよう」でやめておくべきだ。

 それでも、「正義」をふりまわして「暴力」が振いたくたくなったらどうするか。せいぜい、店長や社長に報告するぞ、とお店にクレームをするか、どう考えても授業の邪魔をしてしゃべっている学生を10分ほど、なぜ間違っているか説明してからご退場願うか。かつてやったことといったらそれくらいだ。

 が、今は、そういう「正義」に凝り固まっている人をたしなめ、怒られそうな人に「ヤバイよ」と言ってあげることにしている。「正義」を振りかざしている自分に酔ったら、危なくてしかたない。
posted by 雑食系 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

野口武彦「江戸の兵学思想」

 江戸後期に多い現実と関わる文学、それは史学・軍学と関わることが多いが、その問題を考えるうえでは、思想史とのセッションが欠かせない。近世後期は、日本のアイデンティティーが現実に問われざるを得ない政治の季節であった。
 
 そこで、その饒舌な文体で、生々しい政治に関わる思想史を、「文学的に」、あるいは「文学として」論じてきた野口武彦の存在が浮かびあがる。最近は作家・評論家としての活動に軸足を置くが、史学・兵学の問題について論じた『江戸の歴史家』や標題書は、野口の方法が最も輝きを持った仕事といえよう。

 野口は、前者を書き上げたあと、歴史意識の帰結は政治権力論にあると総括していたが、それが『江戸の兵学思想』の仕事へとつながっていったのは必然と言ってよい。そこでは野口は、林羅山から荻生徂徠を経て吉田松陰に至る兵学思想を一望して、平和の到来による兵法の思想化と、欧米列強から受ける緊張感が兵学を近代的戦略論へと導く流れをデッサンする。

 たとえば、徂徠は朝鮮戦役で日本が明に敗北した要因を、中国の兵書から割り出して、彼我の軍制の相違、即ち日本の世襲主義に対する中国の職能主義、集団としての日常の操練のなさ―それは日本の封建制と中国の郡県制の相違という政治制度に由来することを、つきとめていたことを紹介する。

 一連の野口の研究の根底にある問題意識も、『江戸の歴史家』のあとがきに「歴史がまたふたたび現状の救済者として現れかねぬことへの杞憂」を吐露するように、戦前の歴史主義への問題意識が出発点となっていた。

 史学・軍学というなまなましい研究対象は、それ自身として客観的な対象として納まる類のものではなく、研究者自身の歴史・政治観を問うものであることに十分自覚的であったのだ。
posted by 雑食系 at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

夏井いつき「子規365日」

 直接お会いしたことはないが、著者はパワフルな人である。新聞に毎日連載しておられたのだから。行のようなものである。匿名のブログとは緊張感が違う。

 子規の2万あまりの句は、習作を書き留めたものも含まれるから、がっかりさせらることもある。しかし、筆者はそういう句の中からも見るべきものを拾い出そうとされている。

 確かに、名句などそうは生まれない。芭蕉の句が僅かしか残ってないのも、句を捨てていったからだ。今流行りの「断・捨・離」である。

 しかし、沢山作った中でこそ、それも行いうる。句作も行なのですね。そういう筆者自身のパワフルさがあってはじめて、365日俳句鑑賞はなしえた。

  只一つ高きところに烏瓜  子規

 「烏瓜」に納得させられる「力」を筆者は強調する。私はこれを意識しながら、「色」の対比から
説明した。何とかわかりやすくするためには、理屈も評には必要です。特に一般向けには。
posted by 雑食系 at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。