2011年01月18日

加藤陽子「戦争の日本近現代史」

 最近、近現代の軍事史には優秀な女性研究者が多いと聞く。近代文学では乱歩の女性研究者が増えてきているとも聞いた。共に、かつてなら、女性研究者が対象としない分野であったが、事情は変わってきたのだ。

 文禄・慶長の役にたいする、幕末から明治初年の理解の仕方に関心があって、本書を手にとった。しかし、新書のフレームを超えた情報量の豊富さと、資料を踏まえた理路整然とした議論に「啓発」されるところが多かった。

 まず征韓論は、朝鮮蔑視というより、日本国生存の危機意識から生まれた切羽詰まったものであった、という議論。従来の左翼系日本史学では、戦後思想の立場から裁断する議論ばかりだったが、それでは見えなくなってしまうものを浮かび上がらせている。

 日清戦争期のこの戦争についての新聞小説を読み解くうえでも、本書の議論は大いに参考になった。本書が説くところの、シュタイン以来の朝鮮利益線論に加えて現れる、明治維新の輸出を妨げる勢力との対決という新たな新聞論調が、文禄・慶長の役関係の歴史小説にも持ち込まれていたからだ。

 本書は冒頭、戦争を学ぶ意味を問うて、国民が本来嫌がる戦争を主体的に受け止める転機とは何か?歴史は出来事であると同時に、読む側の意識によって「問い」にもなりうるという議論を展開する。私はこれを、江戸の軍記・軍書でやっている。
posted by 雑食系 at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

梶原正昭「室町・戦国軍記の展望」

 梶原先生が早稲田から非常勤で母校にこられている時、こちらは就職したてで授業は受けなかったが、後輩たちの噂はすごかった。学生が泣くというのだ。特に「足摺」などはかなりのものだったと言う。

 早稲田を退任されると間もなく、この世を後にされた。その遺稿集である。何とも悔やまれてならないのが、「戦国軍記の展望」である。これを完成されることが目標だったが、それもかなわなかった。この稿は未定稿であるが、近世軍記に初めて見通しを開いた研究だった。

 先生が亡くなって数年経ってから、教え子の方と仕事をする機会があって伺うと、晩年「軍記文学」というご自分の概念だけでは足りないことを感じられ、近世軍記に関心を向けられたという。当時この分野を調べ始めた自分にとっては、この話に大変励まされた。

 軍記は量との戦いだから、時間との戦いでもある。先生が戦中派のゆえに、「平家」を選ばれたのはわかる気がする。「新書太閤記」を敗戦で中断せざるをえなかった吉川英治が、戦後「新平家物語」を書いたのと重なる。

 近世軍記を現代、研究する意味を問い続けることも、教えられた気がする。
posted by 雑食系 at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

山田ズーニー「あなたの話はなぜ「通じない」のか」

 入試の季節である。大学入試センターの出題は、評論では哲学の鷲田清一、古典では「保元物語」。後者は、軍記からもっと出題があってもいいと思っているから慶賀すべきこと。

 前者は文章のうまさ・話題のおもしろさから見て、当代随一の人ながら、一般的に言って学者の文章は、普通こうは面白くないから、この方の文章は、私にとって課題でもあった。同じ会社の選書を出しても、あちらは版を5回も重ねているのだから。

 秋成の資料を蔵するお方と話していて、文学研究の先生の文章は難しすぎる、と言われた。これを認めざるを得ないのは由々しき事だ。文にたずさわる者が、一般向けの文章を、他分野の人間より書けないとなったら、言い訳できない。

 鷲田の話は別の機会にするとして、今日はまず文章を書く前提の話を。文章を書くのが苦手な学生には、この本を紹介している。渡部泰明さんがあるところで紹介されていて、実際読んでみて感心してからである。

 コミュニケーションに関する本は、たいていテクニック論になる。本書はそうではない。伝えたい思いを伝えられず悩んでいる人間こそコミュニケーションが上手くなるチャンスのステージいるのだ。無暗に相手に合わせるだけでは、人間関係をあきらめたことになる。これが、筆者のコミュニケーションについての一貫した見方である。

 文章の上手い人は、たいてい話が上手い。伝える動機があり、そこに悩み、自分の手段を得ている。渡部さんもそうだし、このブログで取り上げたキャンベルさんもそうだ。聞くところ、外山滋比古や鷲田清一の授業は立て板に水で、話題も豊富と言う。何より彼らは、自分だけの伝えたいことを大切にしている。

 そういう意味で、本書は文章を書く前の心得として、絶対に読んでおくべき本だと思う。
posted by 雑食系 at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。