2011年01月21日

小倉孝誠「<女らしさ>の文化史」

 「女らしさ」とその対極になる「望ましくない」女のあり方。こういう問題は、いつも無意識に受け入れられてゆくものである。

 江戸時代の恋愛小説人情本を読んでいるうち、こういう問題をどう説明したらいいのか困った。日本文学研究、特に江戸時代のものででは、こういうことを正面から切り込むものはなかったからだ。

 ところが、フランス19世紀の近代小説をフィールドに、社会と文化に造られた一種の「幻想」の伝播力の正体を、近代に誕生したモード・美容・小説・絵画の表現や、医学書・作法書まで漁って解明した本書に出会って、大いに参考になった。

 人情本論でも、作法書・浄瑠璃・化粧書などが切り口となり、彼女たちの規範の背後に、子宝を保障する現世利益の宗教があり、作品の準拠枠となっていたことが見えてきた。

 本書から学んだことは、このテーマを扱う時は、雑駁であれ、という姿勢の問題である。美女を作り上げる男たちや社会の視線は、それだけ社会学や社会史的な問題なのだ。いい意味の、野次馬根性が必要である。

 中国では、かつて「飲食男女」とひとくくりにした分野である。女性の「品格」の研究は、品格なく雑多な本をかき分ける猥雑さが必要となるのも、当然だった。
posted by 雑食系 at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。