2011年01月25日

藤井貞和「日本語と時間」

 昨日のクイズの回答は「すねる」。社会学や心理学では、名付けて「媚態」。攻撃しながら、甘えるのである。

 猫をかわいがっているうち、じゃれて甘えていたその猫が、こちらをかみ出したりする。「攻撃」も甘えの一種なのだ。仲のいい子供や男女はよく「喧嘩」しています。本当に険悪な仲ではこうはいきません。

 こういう「動く」「関係」を示す世界を、古来日本語では「こと」と言う。対して「もの」は、不動・既定・運命・概念など「動かない」世界を指す。これが藤井氏の言語観である。

 たしかに、男女の「こと」とは言っても「もの」とは言わない。恋は理性の及ばない「もの」だ、とは言っても「こと」とは言わない。

 出来事・行為などなど、みな「こと」は時間の経過の中にある。と同時に「人と人」「人とモノ」との「関係」の要素をもつ言葉だ。

 本書で主題にする、古文の過去・完了の助動詞が、現代文では「た」一種に集約されるという問題も、この認識から出発する。「けり」「ぬ」など、俳句にのみ生きている言葉の本当のニュアンスが解明されて、俳句評論にも欠かせない議論がある。

 と同時に「た」に集約されたということは、現在と過去の区別だけに近代以降は関心が移り、「今までずっと思っていたけれどほんとうはこうだったんだ」=「けり」、「もうこの時間は終わってとりかえしがつかないんだ」=「ぬ」といった、変化=「こと」のニュアンスが消えてしまった証拠なのだ、と思う。

 時間をめぐる味わい深い認識が、世界の散文化によって過去の「こと」になってしまった。なにがなにしてどうなった。そんな感覚ばかりでは詩は死んでしまう。俳句は最後の砦だ。
posted by 雑食系 at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。