2011年02月14日

鈴木淳「樋口一葉日記を読む」

 漱石がお札になったときは、笑った。晩年親戚から小説で儲けたろうと、いたぶられていたことを知っていたからだ。

 諭吉の一万円札は似合い過ぎる。江戸へ出ても浅草など遊び場には一切行かなかった彼が、明治になって成功したときの、ちょっと厭味な表情がぴったりだ。慶応出身の人の前では言わないことにしているが。。。

 一葉がお札になった時は、逆説を超えて、悲しい思いがした。多くの閨秀歌人の中で、一人貧しい身なりの彼女が特選を取るシーンを覚えていたからだ。

 ところが、先日山田有策先生に伺うとあの場面は、完全な創作だそうである。曰く、日記の作者は自分を主人公にして酔っていますよ、と。ああ、作家という人種の業も極まれり、だ。

 本書は、近代プロパーの人ではわからない、一葉の「江戸」的教養から、その日記世界に迫った点に特色がある。千蔭流の書。歌。古典の教養。そして書簡。

 江戸の町に花開いた雅文芸の最後の輝きを一葉に見る点、今子規から同じことを言おうとする自分を支えてくれている本だ。一葉は明治29年に亡くなる。今、虚子の初期俳論を研究しているが、それは明治31年。ここから「江戸」を見る作業も実に面白い。
posted by 雑食系 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

西村和子「虚子の京都」

 著者は今を時めく俳人である。勉強家という意味では宇多喜代子氏と双璧だ。もちろん、宇多氏の方が先輩だが、お二人が仲がいい、というものよくわかる。この世代では男性社会だった俳壇で戦ってきた、というのがその言動から匂ってくる。

 さて、清崎敏郎の弟子だから、虚子の孫弟子にあたる。俳人の評論には、句の評に深いものがあっても、資料的な掘り下げが浅いものも多い。しかし、本書は本格的だ。巻末の虚子京遊年表と参考文献の充実ぶりを見れば、それははっきりする。

 私は京都出身だから、その意味でも楽しい本だった。虚子が愛した風景では、祇園と叡山が一番印象に残る。

   朧夜や一力を出る小提灯   虚子
   清浄な月を見にけり峯の寺  同

 虚子は、40代まで花街でよく遊んだ。色気のある句も多い。一方で、高野・鎌倉・比叡など名山・古都・古刹を愛し、行もした。この両面が都育ちの者にはしっくりくる。西村氏も京都に縁の深い方だ。本書はやはり土地に住んでみないとわからない物を醸し出す。と同時に、古典を愛し、句にもそれを生かす西村氏の感性も、この主題にぴったりだったに違いない。
posted by 雑食系 at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

柄谷行人「日本近代文学の起源」

 大学院の先輩が教えてくれた本だ。当時衝撃を持って迎えられた。今では、スタンダードとなっている。

 やはり、印象に残っているのは「風景の発見」と「告白という制度」。前者で特筆すべきは、政治へ向かうリビドーが内向して「風景」の発見となったという結論。今本にまとめつつある子規論のベースになっている。ただし、子規の場合は江戸後期の漢詩からこれを引き継いでいると見た。

 後者は、武士出身者がキリスト教に向かう心理を、新たな主人を迎えることで、絶対的な「主体」の獲得へと向かったと分析する点が忘れられない。

 祖母は熱心な信者で、母の代から「神に見放された」私には大変興味深い一節だった。確かに、神が憑くとそのご本人は「正義」を振りかざしだす。私は相対的な人間なのでついていけない。というか反発を感じてきた。

 たとえば、俳人には、選者という「神」がとり憑いている。この「神」が絶対的になってくると、それを信じる本人は、「異端」を厳しく攻撃するドグマに陥る場面をよく見る。たいていそういう人は、自信がないか、多様な価値に目を向けようとしないかだ。まあ、「神」でも憑いていないと、やってられないのはわからないでもないが。

 俳句は遊びなのだから、という余裕のある人は好きだ。そういう俳人としか付き合わないことに内心決めている。いや学問的方法も「遊び」が欲しい。研究対象は文学なのだから。
posted by 雑食系 at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。