2011年02月17日

堀江珠喜「男はなぜ悪女にひかれるのか」

 筆者は大阪府立大学教授。学部は神戸女学院。私の家庭教師の先生も、ここの先生だが、神戸の女子大でも名門中の名門。しかし、筆者はその中の異端と見受けられる。

 このテーマは、男の願望・妄想・錯覚を扱うから、冷ややかな視線が必要だ。その点、筆者にはロマンのかけらもない点、気持ちいいくらいだ。

 曰く、悪女は美人でなく、雰囲気美人。男による女へのイメージの押しつけ。男は弱い女を求めている。それを逆手に化ける女の処世術。高級娼婦。毒婦。妖婦。いやはや、恋愛のロマンが見事にひっくり返されて痛快、痛快。

 恋愛を論じるのには、ロマンに徹するか、その逆に徹底しなければいけません。我が近世文学の大家、日野龍夫先生曰く、「好色五人女」のお七の濡れ場を、「少年少女の恋の、情欲に身をまかることが可憐でありうる一瞬を愛情をこめて描き出して、近世小説史上最良の描写…」ロマンチストでゆくならこれくらいやらないと。恥ずかしがっていては始まりません。

 筆者も学部時代、独身のロマンチスト老先生を冷ややかに描写していて秀逸だ。教室での女子学生のジーンズ禁止を貫き、大阪大学でも同じことをやって問題になった、その英国人の先生は、学生時代の筆者を「君は黒いドレスを着て、紅いバラをくわえ、ソファに横たわったら」悪女そのものだ、とその後、美しき高級娼婦にして英文学史上最初の悪女ミルドウッドと名付けた、という。

 今なら完全なセクハラだが、こういうロマンチスト先生が居なければ、立派な女性研究者は生まれなかった。反面教師もまた名教師か。
posted by 雑食系 at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。