2011年03月31日

フェーブル、マルタン「書物の出現」

 今日は、大小合わせて3社の出版社の編集担当と、面談したり電話連絡をとったりした。いずれも入稿、初校段階に入っている単著・共著の進行に関するものだ。結果わかったことは、出版業界は東日本で大変な打撃を受けているという事実だ。

 紙の工場は、釜石はじめ今回の被災地に生産拠点が集まっていた。これは全く稼働しないし、今後の見通しも立たない。ストックはどうか。これまた、東京湾岸に倉庫があるが、液状化と揺れで、倉庫に立ち入れなくなっているうえ、転倒した紙を収拾する見通しもたっていない。

 流通はといえば、トラックもガソリンもまず被災地支援とそれに関係する部門が優先される。倉庫から調達するのも難事となっているのだ。小売はどうか、大手書店は、駅ビルや百貨店、ショッピングセンターに入るが、計画停電や節電で夜の営業を控えているのが痛手だ、小売は1割が被災しているという。経済規模からみれば被災地の存在は、日本全体の5パーセントだが、書店で見れば、1割の損害となる、と言う。

 標題書は、中世から近世のヨーロッパで商業出版がどういう過程で成立していったかを、詳細に記述する。印象に残ったのは、紙の存在だった。ぼろを製紙に利用する体制が確立しないと、いくら活版印刷技術が発達しても商業出版は生まれえない。本にとって、紙と流通は最大のインフラなのだ。

 今回の震災は改めて我々にそのことを実感させる。今は大手が紙の確保に躍起になっている。しかし、小出版も紙の値段が上がったり、在庫を食い尽くしてからの確保ができず、回転が遅れることは十分予想される。
posted by 雑食系 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

石ノ森章太郎「章説・トキワ荘の春」

 今回の地震の被災地に友達はいない。盛岡に10年前、文献調査に入り、打ち上げに三陸をドライブした時の印象が強い。報道を見ているうち、石巻近郊出身の石ノ森章太郎を思い出した。記念館の1Fはやはり浸水したそうだ。

 彼を思い出したのは、原発による汚染の報道からである。彼のライフワーク「サイボーグ009」に、核戦争の恐怖とそれを生んだ人間の欲望が描かれていたのが、思い出される。連載開始は1964年だ。私が最初に読んだ単行本漫画だった。

 さて、本書は石ノ森から見た、漫画創世紀の梁山泊「トキワ荘」での漫画家たちの生態だ。赤塚不二夫・藤子不二雄ら、興味つきせぬエピソードの数々。中でも、彼の漫画の最大の理解者であった、美人の姉が喘息の発作で亡くなる場面は印象的だ。

 だから、彼の描く女性は、美人で優しく、薄幸そうで、性的な匂いがしないのだ。ただ、家族・地域・世界の平和を祈る、どこまでも愛情深い存在だ。この点、一番の友人だった赤塚不二夫の描く女性も、愛らしく優しく、愛情いっぱいの存在だ。

 漫画であれ文学であれ、男にとって、女を描くというのは、自分にとって決定的な女性はだれか告白するようなものなのだ。石ノ森が生きていたら、今回の地震、どう作品化しただろうか。
posted by 雑食系 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

小笠原敬承斎「誰も教えてくれない男の礼儀作法」

 筆者はことごとしい号を持っているが現代の人、しかも女性である。日本の代表的礼法、小笠原流初の女性宗家となり、700年の歴史を今に受け継ぐ。
 
 鎌倉時代以来続いた武家の名門といえば、島津氏がすぐ思い浮かぶが、筋目から言えば、小笠原は格式が高い。それに室町時代、伊勢・今川と並んで武家の礼法の家となったことが、この家の位置を特別なものにした。

 本書は、江戸時代、貞慶の代に固まった秘伝七書の要諦を、現代にアレンジして紹介した入門書である。礼とは、思いやりの心を形にしたものである。女性にはそういうしぐさの縛りがまだ残っているが、男の世界からは消えてしまった。

 そこで、男の心構えから始まって、姿勢・マナー・言葉づかい・身だしなみの心得へと説き及ぶ。基本は、自分をめだたせず、忍耐の心をもって心遣いをすることにある。これは「葉隠」の世界に通じる。

 藩主光茂の尻拭い役たる側の者だった、山本常朝もまた、忍耐の心・目立たせない心得・具体的な身のこなしや心遣いを説いた。本書にも最後に「葉隠」に説き及ぶ。「葉隠」という書名そのものが、小笠原礼法の説く心の在り方に通じる。己をひけらかさない慎みをもって奉公する、それがやがて、常朝の説く衆道的忠誠=「忍ぶ恋」とつながってゆくのだ。
 
posted by 雑食系 at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。