2011年03月05日

池上英子「名誉と順応」

 400頁を超す研究書にしては、版を重ねた本である。筆者は日本では国文学を学んだが、アメリカに渡ってからは、ハーバードで歴史社会学を学んだ。

 サムライ精神の問題は、アメリカ日本研究では、ベラー以来重要なテーマである。つまり近代化を独自に成し遂げた日本の成功の原因に、サムライ精神を考えるストーリーである。これは、いわゆる司馬遼太郎の史観にも通じる。

 池上は、これを原題でThe Taming of the Samurai、即ち、サムライ精神の飼いならしと見て、論じている。要旨はこれでいいとして、個々の記述にはアメリカと日本のこの問題に対する姿勢の違いが見て取れて面白い。

 日本では、史料の批判と解釈、周辺の事情とを合わせた「考証」が中心となるが、アメリカでは、一つの理念や理想形から見て、対象となる作品の思想がどまでそれに近いか、あるいは近くないかを問題として、「評価」を行うことに関心が高い。

 日本の研究にもそういう姿勢は必要だろうが、評価軸の定まらない現代日本社会では「評価」は難しい。池上もアメリカで研究してこの視点を得た。これは日本の研究者には重い課題なのだ。古いことをやる研究者も、現代の多様な価値のどこに軸足を置くのか、これに自覚的でなければならない。
posted by 雑食系 at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。