2011年03月14日

野口武彦「安政江戸地震」

今こんなことを書くのは不謹慎かも知れないが、菅内閣の政治的寿命は、この地震で伸びた。そう感じている人は多いのではないか。今政権の交代を声高に叫ぶことは、被災者救援を妨害することになってしまう。地震と被災がこの政権を守りつつある。

 それだけではない。もう官房長官は増税を否定していない。もし私が、首相や財務大臣、あるいは財務省の主計の幹部のような立場にいたら、きっと臨時措置として消費税増税する計画をたて試算をさせるに違いない。名古屋市議選でも、減税日本は過半数を得られなかったとメディアは報じている。地震が政治的懸案を解決するかも知れないのだ。

 天災は大きな政治的変化をもたらすインパクトを持つ。本書は明治維新からかさのぼること13年前の安政2年(1855年)に江戸を襲った、阪神・淡路大震災級の直下型大地震の様相を描き、それが徳川幕府の崩壊に及ぼした影響を論じる。

 大地震は、起きたタイミングが非常に重要だ。昨日触れた1703年の元禄地震では幕府は揺るがなかったが、安政大地震は幕府衰亡のひきがねの一つとなった。巨大な災害は、国に潜在する矛盾を一気に顕在化させるものなのだ。

 今回の地震は、原発ばかりでなく政治・社会のメルトダウンの契機となるのか、それともピンチをチャンスに変えることができるのか。 海外の視線を意識しながら、忍耐の美徳を生きることが我々に問われているのかも知れない。昨日の白石も、武士たる者、忍耐が最も肝心である。我慢できそうにないことから我慢せよ、という古武士の父の教訓を生き、その苦闘を子孫に書き残している。
posted by 雑食系 at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。