2011年04月17日

「西鶴が語る江戸のダークサイド」

 西鶴研究会の編になる「西鶴が語る」シリーズの三作目。初作は「ミステリー」、次作は「ラブストーリー」。書物の企画としても、話の選択からも、好みを言えば、今回が最も面白い。

 西鶴には、社会の裏面や人生の暗部を抉る奇談が多い。西鶴を読んだ人ならそういう面には気づいているのだが、「暗黒奇談集」としてのオムニバスは、ありそうでなかった企画だ。

 かといって、いきなり「ダークサイド」では、色物扱いされたり、マニア向けに誤解されたりする。やはり、オーソドックスな括りから入って、ここへたどり着くべきなのだろう。

 「ダークサイド」論としては、染谷智幸氏の「あとがき」が秀逸。ブライトサイドとダークサイドは、コインの裏表だ。長い内乱の続いた中世の、カオスと自由がなくなり、平和と安定が当たり前となる江戸時代前期こそ、「ダークサイド」の対照が生まれる汽水域だったのだ。

 京都の北野に出現する「幼女誘拐」の解釈が、郊外と都心では異なる話が冒頭に載せられている。北野で育った私には、その境界にあたる北野のうらぶれた怪しさが残る町の風景を思い出させた話だった。神社があり、森があり、市が立ち、講釈場があった。人は集まるが、変な人間も出没そそうなムードは、子供心にも目に焼き付いている。

 芝居もあった名残で、大正になると、歌舞伎がダメになって、大道具・小道具が紙くず屋に行く。それを映画に再利用したのが、日本のハリウッド京都の誇る映画美術産業、高津商会である。生家はその目の前だった。
posted by 雑食系 at 22:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

佐谷眞木人「日清戦争」

 この人が、こんな本を書くのか、と驚かされることがある。筆者とは数度研究会でご一緒したことがあるが、平家物語や浄瑠璃を研究されていた。それがいきなりこのテーマで新書を出された。

 きっかけは、慶応での研究プロジェクト「民族イメージの言語性と身体性」に参加されたことだという。そこで日清戦争におけるメディアのインパクトが、文学をめぐる社会的編成を大きく変えてしまったことを実感されたという。

 私も江戸から子規を見る作業をすすめつつあった時期なので、同感した。日本においては、日露戦争の方が日清戦争より脚光をあびる。名誉白人の位置をアジアで唯一獲得した日本の「栄光」をもたらしたものだからだ。

 しかし、東アジア世界では、日清戦争の方がより注目される。アジアの近代に決定的な影響を与えたからである。今台頭し自信をつけてきた中国の存在が、我々に日清戦争の意味をもう一度考えさせることになってきた。E・H・カーが言ったように、やはり「全ての歴史は現代史なのだ」。
posted by 雑食系 at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

櫻井武次郎「俳諧から俳句へ」

 江戸俳諧の研究者はかつて、現代俳句に一家言あったり、俳人との付き合いがあったり、自分たちの研究している文学が、生きたものである、あるいはそれと地続きであることを意識していた。櫻井先生はそうではないのかなと思っていたが、そうではなかった。

 俳句は「芸能」なり。これが本書を一貫するテーマである。子規・虚子によって俳句は「文学」となったはずだが、そうではなかったということを、幕末から明治初期の俳諧を調べることで考えられた。

 作者と読者・俳号・流派・結社・切字・歳時記。。。子規・虚子からだけみれば「文学」のようにもみえるが、江戸から包括すれば、やはり俳句は「芸能」なのではないか。俳号ひとつとっても、本名を俳号にしてすら名字を記さないのはなぜか。そんなことからも、俳号の伝統は生きていると思われる。

 櫻井先生とは訪書旅行で、ご一緒させて頂き、近世文学会中、十指に入る人格者という印象がある。あの優しい微笑の奥のたゆまぬ探究心が、先生の遺言のように本書に結実していて、その面影をふりかえる。

 
posted by 雑食系 at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。