2011年05月13日

和辻哲郎「日本倫理思想史」

 武士道を学問として考えるようになったのは、本書と和辻の弟子たち東京大学倫理学研究室の学統の存在抜きにありえなかった。しかし、文学研究者から見て大変不満な点も多い。

 江戸時代の武士道書は「倫理」の書物と限定してしまったら、見失う部分があまりにも大きい。目の前にあるテクスト全体を見ようとせず、「倫理思想史」に都合のいい部分だけを拾ってくるやり方は、和辻のように存在が大きければ、それも学問の開拓としては意味があるが、その轍に安住してしまったら、とたんにその「安全」「確実」な学問は、退廃をはらむ危険性を持つ。

 さすがに、最近この学統の内側から反省をふまえた研究も出てきているが、まだやり足りない部分は多い。手探りではあるが、「軍書」というキーワードは、この問題に文学研究から切り込む大事な視覚だと考える。

 岩波文庫で本書は再刊されつつある。格好のターゲットであることはいうまでもない。全巻の刊行+解説が待ち遠しい。
posted by 雑食系 at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。