2012年01月26日

田中康二「国学史再考」

 文学とはそもそも学問に適合するのだろうか?

 文学研究なるものを飯の種にして、四半世紀におよびつつある私自身、この問いが近年、急に我が身に迫ってきた。俳句評論を書きながら、活躍する俳人と句会を共にするようになってきたことが大きい。俳句の評論家は必ずしもよき俳人ではない。俳人から見れば、評論家は自分で詠みもせずに後付けで理論を振り回す。ひどい場合は、文化論など持ち出して、俳句の表現とアウラを丁寧に拾わない。理屈でいい文学が生まれるなら、容易いものだ。

 田中氏は、国文学の祖先を国学、特に宣長に見据えて、国学の歴史の枠組みを問なおし、その本質を「歌学び」と「道の学び」と規定する。神道系の四大人観や、戦時中の誤読と曲解は、まさに文化史的な宣長の真意から、かけはなれていったものであることが、浮かび上がる。

 ただ、私の問題意識から見れば、本書は別の刺激を与えてくれる。国学の本質が、宣長の「歌まなび」と「道の学び」にあるとすれば、また、国文学がその延長線上にあるとすれば、まさに国文学は、文学を品のいい情趣と、心の繊細さを価値の高いものとしていく、リゴリズムに陥りかねないのではないのか。宣長の歌がまさにそのようなものであったように。

 詩の微温化と大衆化は、俳句も和歌も同じ道をたどる。その意味で微温的な歌や俳句は、文学の資源でありつづけた。宣長が、長く命脈を保ったのはその点にもあったのではないのか?(日本)文学における「保守」とは何か?本書の剔出した主題は、国学・国文学の枠組みの問題であると同時に、長く日本の文学を下から支えた保守性とは何かという、より本質的なところを顕在化させる点にあると私は思う。

 研究の世界を見渡しても、和歌・国学と読本という「保守的」な文学が、いま若い研究者には人気があるように見える。西鶴・近松・秋成・蕪村・南北のような、微温とは別の方向に入った作家たちやジャンルに直接向かう研究者は少なくなってきている印象がある。それは近世文学者、学会の「保守化」=「宣長化」ではないのだろうか。

 個人的な好みで言えば、保守的な研究対象をやる人には、その保守的な価値観を相対化して論じてほしい。そうでないと、文学という、学問では収まりにくい躍動性を持つその魅力を、そぎ落とし、矮小化してしまう危険性があるからだ。田中氏の論は、そういう隘路を逃れている数少ない成果のように見えるのは僻目だろうか。
posted by 雑食系 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

大黒屋光太夫資料集

必要があって、「北海異談」という実録を読んでいる。レザノフ一件に刺激された巷間の関心に当て込んだ際物だが、なかなか本格的な作品である。

冒頭は、林子平の「海国兵談」を引いて、ロシア脅威論を展開しているし、大黒屋光太夫の漂流とロシア渡り記事も詳細だ。

もちろん「講釈師見てきたような嘘をいい」を地でいくような文章も多い。ロシア船の出没を警戒して出動する際、活躍するのが藤堂や小笠原だというのは、近世軍記の世界を前提に敷衍した話で、もっともらしく嘘を展開している。光太夫がエカチェリーナ女王に向かって、日本の政体を滔々と述べる件など、講談の聞かせ所のようだ。

しかし、光太夫が、ロシア貴族の娘と友情を結んだり、ロシアの遊郭に入ったりする記述は、実際にあったことだったので、一概に根も葉もないものと切り捨てられない。そういうことが言えるのも4巻に渡って光太夫関係の聞書等を集成する本書があってのことだ。

特に昌平黌とその周辺や、南畝などの知的ネットワークは、この手の情報を確実につかんでいたことがわかる。編者の山下恒夫氏による「大黒屋光太夫」(岩波新書)は、これらの博捜をふまえてのことでこれまた読ませる。

こういった聞書と、「北海異談」のような創作を含む実録とを結ぶ「線」が見えてくれば、見通しがよくなるのだが。。。
posted by 雑食系 at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

岸本尚毅「生き方としての俳句」

 年末頂いた本のシリーズ、第2弾。サブタイトルは「句集観賞入門」。
岸本氏は、有馬朗人主宰の「天為」所属。私と同じ51歳。平均70歳超えの俳句界では
若手に属するが、俳歴は長く、この世代の俳壇の先頭に立ち、今俳句の鑑賞・評論を
やらせたら、屈指の書き手として注目されている。

 その特徴は、細やかな感受性と、無造作な表現の背後をも読み取る洞察力、それに俳人・俳壇の
背景にも通じている点であろう。そういう著者にとって、虚子自身ではなく、虚子に育てられた
「ホトトギス」の有力俳人の句集を観賞する本書の企画は、誠に人を得たものと言えよう。

 第一部の「句集とは何か」は、見通しのきいた論にて、大変汎用性のある句集本質論となっている。題名・序・選句・配列。そして、虚子を通して、俳句を狂気=非日常を飼い慣らす日常への
回帰として捉え、客観写生こそ、その方法であったとする俳句本質論が、句集という作家のメディア
を写しだす鏡となる。

 以下、個々の作家を取り上げる第二部では、才能に恵まれない故に日常の世界にこだわった西山泊雲・湯浅桃邑、虚子ゆずりの大きな詠み振りと、無常感に貫かれた閨秀星野立子・高木晴子、虚子を通して自己の才能と位置を知った上野泰・池内たけし・高浜年尾らその家族・係累の章が特に印象に残った。

 本書は、虚子という鏡によって、選句を通して見出されていった作家たちの、詠み振りと個性を明らかにすることで、近代俳句の主流であった「ホトトギス」の客観写生が、俳諧から受け継いだ無常と向きあう精神と、それを近代という時代に合わせて日常へと焦点を当て、作品化していった様を、細部の読みをとおして俯瞰したもので、一般書ながら、近代俳句本質論となっている。

 近年旺盛に展開されている、岸本氏の評論活動には今後も目を離せない。
posted by 雑食系 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。