2012年01月05日

岸本尚毅「生き方としての俳句」

 年末頂いた本のシリーズ、第2弾。サブタイトルは「句集観賞入門」。
岸本氏は、有馬朗人主宰の「天為」所属。私と同じ51歳。平均70歳超えの俳句界では
若手に属するが、俳歴は長く、この世代の俳壇の先頭に立ち、今俳句の鑑賞・評論を
やらせたら、屈指の書き手として注目されている。

 その特徴は、細やかな感受性と、無造作な表現の背後をも読み取る洞察力、それに俳人・俳壇の
背景にも通じている点であろう。そういう著者にとって、虚子自身ではなく、虚子に育てられた
「ホトトギス」の有力俳人の句集を観賞する本書の企画は、誠に人を得たものと言えよう。

 第一部の「句集とは何か」は、見通しのきいた論にて、大変汎用性のある句集本質論となっている。題名・序・選句・配列。そして、虚子を通して、俳句を狂気=非日常を飼い慣らす日常への
回帰として捉え、客観写生こそ、その方法であったとする俳句本質論が、句集という作家のメディア
を写しだす鏡となる。

 以下、個々の作家を取り上げる第二部では、才能に恵まれない故に日常の世界にこだわった西山泊雲・湯浅桃邑、虚子ゆずりの大きな詠み振りと、無常感に貫かれた閨秀星野立子・高木晴子、虚子を通して自己の才能と位置を知った上野泰・池内たけし・高浜年尾らその家族・係累の章が特に印象に残った。

 本書は、虚子という鏡によって、選句を通して見出されていった作家たちの、詠み振りと個性を明らかにすることで、近代俳句の主流であった「ホトトギス」の客観写生が、俳諧から受け継いだ無常と向きあう精神と、それを近代という時代に合わせて日常へと焦点を当て、作品化していった様を、細部の読みをとおして俯瞰したもので、一般書ながら、近代俳句本質論となっている。

 近年旺盛に展開されている、岸本氏の評論活動には今後も目を離せない。
posted by 雑食系 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。