2012年03月29日

藤田覚「松平定信」

 ここ10年の新書版で、今も振り返って役にたっている本を1冊あげろと言われたら、やはりこの本か。江戸後期、歴史研究にとっても、文学研究にとっても大立者である。本書は、史学の側から、着実な検討を加えた上での一般書であり、信頼感がある。

 また、章立てがいい。打ちこわしによって政権に登場した事情、倹約令や武家統制の目的と意味、朝幕関係の裏側、対外関係の枠組みの位置づけ等々、定信一人を追うことで、19世紀の幕府の権力の問題の全体図が浮かんでくる。

 個人的に興味深かったのは、打ちこわしとロシアの接近を同じ地平で危機として捉え、騒擾の隙に外国勢力に追い込まれることを恐れて、守りに徹した定信の着実さと後の歴史から見た限界を指摘している点である。

 朝幕関係にもこれは言えるのであって、尊号事件そのものは朝廷を抑え込んだように見えても、金もないの内裏造営だけは敢行した裏事情から、朝廷の権威による幕府の権威を再構築は、体制委任論を周知のものにしてしまった点で、大政奉還につながる考え方を招いてしまった、という点である。

 周到な資料吟味と考察から、歴史の逆説を浮かび上がらせる点で、新書枠にしては非常に格調の高い歴史書になっているのだ。

 のこされた課題も多い。まず、定信自身の文雅と政治の関係。池澤一郎さんや川平敏文さん、神作研一さんのお仕事が、定信に新しい光を当ててきつつあるが、もっと多方面からの発言があっていい対象だ。特に定信が主導した文化行政、幕府の歴史や武家の系譜整理、それに地理書の編纂などを、考える問題は大きい。

 また、尊号事件や対外交渉については、実録物も残っていてこれもまだ手つかずだ。

 翻って、定信以降の対外関係については、このブログでも以前紹介した真壁仁「徳川後期の学問と政治」が光っているし、藤田氏の見方を結果調整するものとなっている。

 まあ、これだけのことが関連して言える新書というのもそうはないので、10年ほど前に読んだ記憶をたどりつつ、書いてみた。
posted by 雑食系 at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。