2012年05月06日

武家と和歌

武家にとって、和歌とはどういう位置を占めたのか。既に小川剛生氏には中世の立場から、発言があるが、戦国と下剋上を経て、武家が真の意味で実権を握った近世においては、どうだったのか。

加藤弓枝氏の「コレクション日本歌人選 細川幽斎」を読んで、改めてそんな疑問が湧いてきた。氏は、有名な関ケ原の戦いにおける、幽斎の死の覚悟と古今伝授の問題を取り上げ、結局幽斎の本質は武家であり、和歌はその価値を上回るものではなかったことを率直に認めている。

これはその後の江戸の武家歌人についても、忘れてはならない視点であろう。江戸の和歌研究は進んできたが、武家の歌についてはまだまだ等閑視されている。それは、このブログで取り上げた、大戦前後の勤皇和歌の問題が尾を引いているのであろう。

また、所詮、武家にとって和歌は添え物との意識が、研究者にも通底してあるのだろう。しかし、武家の和歌は近世にも連綿と詠まれ、それは多様な展開を見せている。そのあり方は、小川氏が提示した和歌の文化力という問題だけで簡単に割り切ることもできないし、そこに武家の和歌の近世的展開という新しい視点も用意できよう。

近世和歌史を構想する人にとって、武家の一章ももしないのだとしたら、それはかなり偏った和歌史になろう。堂上派・国学といた表現レベルの分類もいいが、武家にとって和歌とは何だったのかという問いの出発点が、幽斎にはあるのだ。そんなわけで、様式化した中、実景っぽい視点を持った以下の歌に心ひかれた。

  夕されば雪かとぞみる卯の花の垣ほの竹の枝もたわわに

加藤氏曰く、「日が暮れて薄暗くなったために、垣根に咲いている卯の花が錯覚ではなく、本当に雪のように見えるという、写実的で実感のともなった歌に仕立て替えられている」という。こういう歌の発想の先には、俳諧・俳句の写実があるような気がするのだが、それは僻目というものだろうか?
posted by 雑食系 at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

和漢の位相

 標題は近世文学全般にわたる重要なテーマである。特に表現と典拠が主題にかかわるものである場合、作品読解の鍵となる。たまたま、この春頂いた若手の論文にも、そういう問題を考えさせてくれる力作があった。

 村谷佳奈氏「「海賊」の典拠と主題」(「金沢国語国文」37)は、「春雨物語」「海賊」の基本設定に「漁父辞」があったこと論証する。「古文真宝」の諸本にも目配りしつつの論の運びは、安心して見ていられる。林望「書誌学の回廊」にはもっとマニアックな諸本の問題が展開されているので是非参照はしてほしいが、「諸儒箋解本」に焦点を当てているから、問題はない。よって、この論は「海賊」研究に新たな展開をもたらす画期的な報告となった。

 ただし、飯倉洋一さんも指摘しているように(http://bokyakusanjin.seesaa.net/)、主題論には問題も残る。冊子本に明記されていた「漁父辞」の措辞が富岡本・文化5年本で消えた理由を、典拠の「隠蔽」と考えてよいものだろうか。発想が「漁父辞」だったとしても、後の写本では、そういう典拠に拠った構想自体が退いてしまった可能性はないか。典拠発見に引かれる気持ちはよくわかるが、なお慎重な検討を望みたい。

 主題についても、大きく時勢に不満を持つ論議という大枠が「漁父辞」に拠っていたとして、秋成による編集・改変は、それが都に戻れる・戻れないといったレベルの問題のみに留まるものだろうか。海賊の議論の中身と絡めて論ずれば、より光った論となっただろうだけに惜しまれる。

 学部生の論文に、30年も秋成研究をやってきた大人たちが、本気取り上げているのだから、もう十分レベルには達している。村谷氏には、池澤一郎氏が最近「江戸の文学史と思想史」や「雅俗往還」で展開している、近世文学にとって「和漢とは何か」という広い問題意識を頭に置きながら、本格的「海賊」論に挑戦されることを望む。

 陳可冉氏「芭蕉における「本朝一人一首」に受容」(「総研大文化科学研究」8)にも、同様のことが言える。氏の典拠指摘の位相は、表現・結構レベルに留まる浅いものなのか、芭蕉の詩の本質にかかわる深い問題なのかが見えてこない。

 天気がいいので、自転車で都立中央図書館に行き、当りをつけていた西鶴作の漢文・謡曲典拠を、板本によりながら確認していくうち、それは表現・結構に留まらない本質的な意義があるのではないかと考えつつ、また自転車で家路についたので、ついこんな感想となった。
posted by 雑食系 at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

江戸の南朝研究

 まだ書籍化には至っていないが、そういう可能性を秘めた動きが、論文のなかにはある。単発ではない動きにこの春接したので書き留めておきたい。

 勢田道生氏は、中世の研究者だが、南朝についての江戸期の研究の実態を、水戸学以外から着実に掘り起こして注目に値する。「「北畠准后伝」と神戸能房編「伊勢記」」(「語文」97)は、両書の前後関係の考察を通して、北畠親房の末裔で、軍記・伝記作成と有職学を兼ねた浪人能房の学問的位置について論じる。

 武家官位やそれにまつわる有職への需要を満たしつつ、先祖の顕彰を書物作成で行っていた能房の学問のありかたは、同時期の軍記作者と同じ位相にある。

 勢田氏には、近世中期に成立した「南朝編年記略」「南朝紹運録」の編者、津久井尚重の学問と人的ネットワークを明らかにした「津久井尚重の研学と交流」(「詞林」50)もある。

 やはり有職学を基盤としながら、南朝史や山陵研究まで及び、馬琴や塙保己一も珍重した高度な成果を残した人物とそのネットワークは、19世紀になって水戸学や国学に収斂されていく以前の、江戸期らしい南朝研究の実態を明らかにした功がある。

 武家が最大の学問のスポンサーであるならば、武家有職と軍記制作は過去を学ぶ学問の中心にあり、日本思想・国史・国文がむしろその補助学だったのではないかというのが、江戸の実態だったと考える私の立場からすれば、大変貴重な成果である。

 こういう研究が、近世の研究者から出てこないところに、近世への見方の一面性を我々も反省すべきなのだろう。昨年末、佐伯真一さんに誘われて、青山学院の対外軍記のシンポに出ても同じ感想を持った。勢田氏の論文には、大阪大学の近世の研究者飯倉洋一さんからのアドバイスがあったのではと思わせる部分が散見し、いい指導の体制が敷かれているなあと感心しきり。

 折しも、実録研究の高橋圭一氏から、日夏繁高「兵家茶話」の翻刻(上)(「大阪大谷国文」42)が届く。この書物は、写本軍記の収集から進んで、興味深い説話を採録、出典を明記するものだが、偽書の疑いも濃い後南朝関係の記事もあり、読本の祖都賀庭鐘もこの本を便利に使っている。

 高橋さんは、私の「江戸文学」40の論文や、「江戸の文学史と思想史」も読んでくださっている由。ジャンル分けを文学史の通例とする行き方から、サムライの文学・文化というより本質的なジャンルを提案してきた私としては、いい流れがきているなあとほくそ笑むこと頻りの連休の一日であった。
posted by 雑食系 at 18:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。