2012年03月18日

佳田翡翠「木挽町」

 本年度の日本伝統俳句協会賞を受賞された方である。巻頭にその受賞作品集「木挽町」を収め、句集のタイトルにもなっている。江戸文学を研究するものとして、このタイトルで詠まれた句群には、大変ゆかしいものを感じる。

  成田屋の睨みを奉ず江戸の春
  新橋の妓もちらほらと小正月
  大喜利は神田祭の笛太鼓
  紫の鉢巻を垂れ眉涼し
  木挽町辺りいざよふ月の路地
  団十郎菊五郎舞ひ秋闌ける
  女形熊手を抱へ楽屋入り

 舞台を正面から詠んだものもさることながら、その周辺を詠んだ句の方に惹かれる。その方が俳句という器に合っている。

  齢ふと沈丁の香の匂ふとき
  全山の花を沈めし闇にほふ
  水音へ近づいてゆく若楓
  碧眼のますらをなりし湯帷子
  声ひとつ落として白き冬の鳥

 旅の句が多い句集だが、地名を詠んだものより、こういう情景そのものを詠もうとしたものに惹かれる。地名の句はそれぞれ華やかでよいし、それがこの作家の特徴でもあるのだが、そうではない面の紹介したかった。俳句は、本質的に名もない焼き物のような民芸作品だとおもうから。
  
posted by 雑食系 at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。